個人年金のおすすめランキング@2014
-

個人年金のおすすめランキング@2014トップページ
個人年金保険とは

個人年金保険とは、民間の金融機関や保険会社が運営する年金保険のことをいいます。

政府が運営する社会保険制度の一つである国民年金とは違い、こちらは公的年金とも言われています。

公的年金とは別に、老後資金を確保するために自ら保険料を月々支払うことが個人年金保険の目的です。



個人年金保険の種類はいくつもあり、主な受け取り方としては、終身年金、確定年金、有期年金などがあります。

終身年金は、被保険者が生存している限り一生涯受け取れる個人年金保険です。

終身年金にはもう一つ、保証期間付終身年金というものがあり、

年金受取開始後の一定期間、例えば10年の場合や15年の場合に被保険者の生死に関係なく、

年金を受け取れる保証期間をがあり、保証期間が終わると生きている場合に限り年金を受け取れます。

ただし、保証期間内に被保険者が死亡した場合は、保証期間の残りの期間は一時金として受け取ることができますが、

一時金を受け取った時点で年金の受け取りが終了となります。





確定年金は、年金受取期間を10年や15年などと予め決めておいて、

受給期間中は生死に関係なく年金を受け取ることができます。

年金の受給期間中に被保険者が死亡した場合は、残りの受給期間は一時金として受け取ることになりますので、

ここの部分は、保証期間付終身年金と共通しています。



有期年金は生きている限り、予め10年とか15年と決めた受給期間中の間は年金を受け取ることができます。

有期年金にはもう一つ、保証期間付有期年金というものがあり、

保証期間中は被保険者の生死に関係なく、年金を受け取ることができます。

保証期間終了後は、生きている限り年金を受け取ることができます。

保証期間中に被保険者が死亡した場合は、保証期間の残存期間は一時金として年金を受け取ることができますが、

一時金を受け取った時点で年金の受け取りが終了となります。



上記の他に夫婦保険というものもあり、夫婦保険は夫婦のどちらかが生存している限り年金を受け取れる保険です。



どの保険も基本的に保険料を拠出しながら老後資金を積み立て、

予め契約した年齢に達した時に、年金保険を受け取れる仕組みになっています。

自ら老後の生活保障の原資を捻出することになり、公的資金だけでは老後の生活が不安という方が、

個人年金保険に契約する傾向にあります。



生命保険会社や郵便局が個人年金保険商品を運営しながら、年金を被保険者に支払う流れです。

死亡した際に、保証期間が付いている保険は一時金を受け取りますので、

個人年金保険には、生命保険の保障内容に組み込まれてある死亡保障は付いていません。

死亡保障を考えている方は生命保険に契約する必要があります。



個人年金保険は、あくまでも老後の生活資金の確保が目的とされていますので、

例えば、サラリーマンとして定年まで会社勤めをしたとして、その後の生活資金を契約しておいた

個人年金保険で生活資金を賄うようなライフプランを考えておかなければなりません。

  次のページへ>>

トップページへ戻る

トップページ

個人年金を知る

個人年金保険とは

個人年金保険のメリット

個人年金保険のリスク

個人年金保険に加入した理由

個人年金保険の世帯加入率

個人年金について

個人年金保険の特徴

個人年金保険の特徴

個人年金保険の特徴

個人年金保険の税金

公的年金と個人年金保険の違い

個人年金保険を選ぶコツ

個人年金保険を選ぶコツ

個人年金保険の種類

個人年金保険の支払い方法

個人年金保険の返戻率とは

個人年金保険に関する控除

個人年金保険に付けられる特約

個人年金は必ず受け取れるのか

個人年金は元本割れはしないのか

個人年金保険の概要について

個人年金保険の種類とそのあり方について

個人年金保険について

個人年金保険の受取期間。

個人年金保険の必要性

老後の不安を払拭する民間の個人年金保険

個人年金保険 東京海上日動あんしん生命

個人年金(60歳年金支払開始) アフラック

個人年金(60歳年金支払開始)アフラック

商品概要

個人年金保険 東京海上日動あんしん生命

保険組曲Best個人年金保険【月払】 太陽生命

個人年金 アフラック

無選択特則付個人年金保険 5年ごと利差配当付 三井住友海上あいおい生命

無断コピーは厳しく対処致します。 個人年金のおすすめランキング@2014管理人